コバルトサルビア 


コバルトセージ1z



コバルトセージ2z



コバルトセージ3z



コバルトセージ4z


コバルトサルビア
コバルトセージ
(英名)
サルビア・レプタンス(学名読み)

分類 : シソ科サルビア(アキギリ)属  半耐寒性多年草
学名 : Salvia reptans
原産地 : 北アメリカ(テキサス州)~メキシコ
特徴 : 茎は細くて直立し、草丈50~80cm。
  葉は細い披針形~線形。
  茎の先に花穂を伸ばし、径1cmほどのコバルト色の花を
  夏から秋にぽつりぽつりと咲かせます。

名前の由来 : コバルト(淡い群青)色をしたサルビアということから。
  学名のサルビアとはラテン語で「治療」の意。
  レプタンスとは、「這う」の意で、匍匐性の品種もあることから。

メモ=ブルーサルビアという名前の似た花を10月15日に投稿しました。
  太字をクリックして頂くと別窓で開きます。



スポンサーサイト

Posted on 2016/11/05 Sat. 10:10 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-10