ポンポンアザミ(ぽんぽん薊) 


ポンポンアザミ1z



ポンポンアザミ2z



ポンポンアザミ6z



ポンポンアザミ5z
9月初旬から咲き始め、まだ咲き続けています。


ポンポンアザミ(ぽんぽん薊)

分類 : キク科カンプロクリニウム属  多年草
学名 : Campuloclinium macrocephalum
原産地 : 中央アメリカ~南アメリカの熱帯地域
特徴 : 茎はよく枝分かれし、草丈40~100cm。
  草全体に粗い毛が生えています。
  葉は長卵形で長さ3~8cm、幅1~3cm、縁に浅く鈍い鋸歯。
  茎先に数個の筒状花のみの花を咲かせます。花径は2.5cmほど。
  繁殖力が旺盛で、在来種を駆逐するおそれがあるとして
  一部地域では条例によって栽培の規制をしているとか。

名前の由来 : 英名のポンポン・ウィード(pompom weed)の直訳だそうです。

メモ=ネット図鑑によると市販されている
  モモイロハナビ(桃色花火)とかニオイアザミ(匂薊)という
  よく似た花が出てきます。
  その違いを調べたところ、ポンポンアザミとの違いは
  属名がヴァーノニア(Vernonia glabra)でした。
  次に、葉には毛が生えていないので触っても滑らかで
  葉の長さは細長い披針形で、花の形も違っているそうです。
  ネットの画像では、ポンポンアザミもモモイロハナビも
  素人の眼では同じように思えました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/10/30 Sun. 11:04 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« カラスヘビ(烏蛇)  |  セイバンモロコシ(西蕃蜀黍) »

コメント

お返事

なないろいんこさんへ
花のこちらにコメントを頂き、有り難うございます。

あてもなくぶらぶら散歩をしていると
草むらからにょろにょろと出てくる蛇に出合いますが
ほとんどがカメラを構える前に姿が見えなくなります。
この日だけはゆっくり撮らせてくれました。

トッコス爺 #- | URL | 2016/11/01 21:16 * edit *

珍しいです

カラス蛇は、私も子供の頃見た事がありますが、
数は少なくかなり珍しいですね。

目の保養になりました。

なないろいんこ #- | URL | 2016/10/31 21:28 * edit *

お返事

nonohana626さんへ
庭の片隅に突然芽生えたのをそのままにしていたら
このような花が咲きました。
名前を知りたくてネットで調べた結果
このようなデータが見つかりました。
花が綺麗なので、そのまま放っておこうかとも考えています。

トッコス爺 #- | URL | 2016/10/31 20:37 * edit *

ポンポンアザミ

ポンポンアザミ、いい色ですねえ。
これだと、家に植えたくなる気持ちもわかります。
でも、繁殖力、旺盛では、考えてしまいます。

nonohana626 #- | URL | 2016/10/30 17:40 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08