ワタ(綿) 


ワタ1z



ワタ2z



ワタ3z



ワタ4z
ワタの開花時間は短くて、昼には閉じてしまい
しぼむと花弁は薄紅色になります。


ワタ5z
結実した果実は熟すると表皮が裂けて綿毛が現われます。


ワ タ(綿)

分類 : アオイ科ワタ属  1年草(多年草)
学名 : Gossypium spp. (Gossypium arboreum)
原産地 : インド 中南米など
  (栽培種の起源には謎が多いとか…)
特徴 : 栽培品種には
  草丈50cmほどのものや120cmほどのものなど数種あるそうです。
  葉は掌状で浅く3~5裂します。
  小苞葉といわれるものは花弁の約半分で、上部は裂けています。
  花の大きさは3~5cm。朝開花し、数時間で閉じてしまいます。
  品種によって花弁の基部が暗紅色のものもあるようです。
  開花後ひと月ほどすると卵形の実が3~4つに割れ、白い綿毛が現われ
  一つの部屋に3~4つの種子が入っています。
  この真っ白に吹き出している様が美しく「綿花」と呼ばれます。

名前の由来 : 数説あるようで、その一つに、古くに「腸」のことを「わた」といい
  衣類の中に綿毛を詰めたことから大腸や小腸に見立て「ワタ」になったとあります。
  漢字表記の「綿」は漢名の「葉綿」からの転用とか。

メモ
=綿毛は加工繊維の木綿や布団の綿などの原料となり
  種子からは食用油が採れ
  油を絞った粕は菜種と同じように、飼料や肥料になるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/10/23 Sun. 10:34 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

« トノサマバッタ(殿様飛蝗)  |  イシミカワ(石実皮) »

コメント

お返事

風人さんへ
こんなブログに有難いコメントを頂き恐縮です。
ワタは熱帯、亜熱帯が原産地だそうで
日本では関東地方以南での栽培が多いそうです。
ブログを始めた頃出合って以来、久しぶりに写すことができました。

nonohana626さんへ
この畑に気づくのが少し遅れたようで
咲いている花を見つけるのに苦労しました。
来年も同じ場所で栽培されるようでしたら
花の最盛期を忘れないようにしたいと思っています。

トッコス爺 #- | URL | 2016/10/24 22:09 * edit *

こんばんは。

いつも学ばせて頂いてます。我が家は霜の降りる地域にあるのでやむを得ないのですが、ワタの花を初めて見ました。綿毛と同様に柔らかな花を咲かせるんですね。

風人 #- | URL | 2016/10/23 17:57 * edit *

我が家も何種類かの綿を植えていました。
お花に使いたいと、毎年少し植えています。
もう、だいぶん前に刈り取ましたが・・・。

nonohana626 #- | URL | 2016/10/23 15:58 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07