ハラビロカマキリ(腹広蟷螂) 


ハラヒロカマ1z



ハラヒロカマ2z



ハラヒロカマ3z



ハラヒロカマ5z
部屋に入ってきて天井にとまっていたところで数カット写し
払い落してカーテンにとまったところを写しました。

ハラビロカマキリ(腹広蟷螂)

分類 : カマキリ目カマキリ科
体長 : 60~70mm
分布 : 本州~沖縄
  主に低樹木の上で生活し、林縁の草原などでも見られる。
特徴 : 名前は腹広となっていますが
  他種のカマキリに比べると体全体が幅広い。
  前翅に明瞭な白い斑紋があり、判別(同定)の手掛かりになります。
  また、前脚基節(一番手前の部分)の内側に
  3~4個の黄色いイボ状突起があります。
  
(一番下の画像に僅かに写っています)
名前の由来 : 他のカマキリに比べ腹部が広いことから。




スポンサーサイト

Posted on 2016/10/21 Fri. 10:37 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« イシミカワ(石実皮)  |  メドハギ(蓍萩) »

コメント

お返事

nonohana626 さんへ
ご訪問とコメントを頂き有り難うございます。
年寄りが暇つぶしに、身の回りで咲いている野草や
よそ様の庭や花壇などで垣間見える花の他
昆虫や野鳥などを撮って投稿しているだけのブログです。
お役に立てるほどのものではございませんが
こちらこそよろしくよろしくお願いいたします。

トッコス爺 #- | URL | 2016/10/22 20:33 * edit *

はじめて、訪問させていただきました。
野の花をいけて、日々暮らしていますので、野草をアップされている記事に興味があります。
昆虫関係はまるで、知識がないのですが、少しずつ、昆虫のことも勉強させていただきたいとおもいます。
よろしく、お願いします。

nonohana626 #- | URL | 2016/10/22 08:35 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11