ブルーサルビア 


ブルーサルビア1z



ブルーサルビア2z



ブルーサルビア4z


ブルーサルビア
サルビア・ファリナセア
(学名読み)

分類 : シソ科サルビア属  1年草扱い(半耐寒性多年草)
学名 : Salvia farinacea
原産地 : 北アメリカ~中央アメリカ
特徴 : 株は直立し、草丈25~50cm。
  葉は長楕円形~卵形。
  茎の先、又は茎上部の葉腋から15~20cmの花穂(花序)を伸ばし
  径1cmほどの唇形花を咲かせます。
  若い茎や蕾は白粉を帯びたようになります。
  花期は長く、初夏から晩秋まで咲き続けます。

名前の由来 : 青色(ブルー)のサルビアということから。
  学名のサルビアとはラテン語で「治療」の意。
  ファリナセアとは、「粉質の」とか「白色を帯びた」の意。

メモ=同じような名前の「コバルトサルビア」という品種もあります。
  コバルトサルビアは細葉で、花はブルーサルビアほど密につかず
  ぽつりぽつりと咲くそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/10/15 Sat. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハッカ(薄荷)  |  プセウデランセマム・ヴァリアビレ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07