ハナトラノオ(花虎の尾) 


ハナトラノオ1z



ハナトラノオ2z



ハナトラノオ4z



ハナトラノオ5z
今年は残暑の期間が長かったせいでしょうか、まだ咲いていました。


ハナトラノオ
(花虎の尾)
カクトラノオ(角虎の尾)  
フィソステギア(学名読み)

分類 : シソ科ハナトラノオ属  多年草
学名 : Physostegia virginiana
原産地 : 北アメリカ中南部
特徴 : 野生化するほど生育力旺盛で
  夏の花壇を飾ってくれる美しい花。
  草丈60~120cm。
  茎は方形で直立し、多少枝分かれします。
  茎の先に20cmほどの花穂を立て、四方に規則正しく並んで花が咲きます。
  花は淡紅色の長さ3cm、花径2cmほどの筒状唇形で
  内側に紅紫色の斑紋があります。
(白色種もあるそうです)
名前の由来 : 長い花穂に花が沢山並んで咲く様を虎の尾に見立てた。
  別名のカクトラノオは、茎が四角なことから。



 データなどは2011年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/10/12 Wed. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)  |  ミズヒキ(水引) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10