ホオズキカメムシ(鬼灯亀虫) 


ホオズキカメ1z



ホオズキカメ3z



ホオズキカメ2z



ホオズキカメ4z
部屋に入ってきたのを見つけ、カーテンに這わせたり
指でつまんだりし、片手離しで写しました。



ホオズキカメムシ(鬼灯亀虫 又は 酸漿椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ヘリカメムシ科
体長 : 10~13mm
分布 : 本州~沖縄
  平地の草原、畑などで見られる。
特徴 : 光沢がなく黒褐色の、いかつい感じのカメムシ。
  頭部から胸部にかけて白い筋模様があり、体表に剛毛が生え
  後脚の腿節が太いのが目立ちます。
  ナス科のナスやホオズキなどを好み
  他にアサガオやヒルガオなどにもついて吸汁し
  時にサツマイモやナス、トマトなどに群生し、害することもあるそうです。

名前の由来 : ホオズキを含むナス科の植物を好んで食べるからという説や
  カメムシのことを古語では「ホウ」とか「ホオ」と呼び
  カメムシが好きな植物のことを「ホオ好き」といい
  このカメムシが好きな植物につくカメムシということからという説もありました。
  後者の場合はちょっとややこしい話でした。



 
スポンサーサイト

Posted on 2016/10/06 Thu. 10:54 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ヌルデ(白膠木)  |  カラスノゴマ(烏の胡麻) »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
カメムシに限らず、アブラムシやイモムシ、毛虫が野菜などで群生すると
植物は弱ってしまいますよね。
カメムシの大量発生はカマキリの1~2匹くらいでは駆除しきれなかったのですね。
手っ取り早くであれば、殺虫剤が有効でしょうけど…ね。

トッコス爺 #- | URL | 2016/10/07 21:38 * edit *

あ、これこれ!
我が家の食用ホオズキに大量発生してダメにしてくれました。 (ノД`)・゜・。
カマキリも頑張っていたけれど、カメムシに溺れているみたいだったですよ。(笑)

なっつばー #- | URL | 2016/10/06 22:03 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △