ノアズキ(野小豆) 


ノアズキ1z




ノアズキ2z



ノアズキ3z



ノアズキ4z
果実(=豆果)は扁平です。
近似種のヤブツルアズキは丸い棒状をしています。


ノアズキ(野小豆)
ヒメクズ(姫葛)

分類 : マメ科ノアズキ属  つる性多年草
学名 : Dunbaria villosa
分布 : 本州(宮城県以西)~四国・九州
  日当たりのいい、やや湿り気のある野原や林縁などに生える。
特徴 : 茎は針金状に伸び、周りのものに絡みつき
  絡まるものがなければ地面を這って伸びます。
  葉は3枚の小葉からなる3出複葉。
  小葉は菱形で先は鈍くとがる。
  花は黄色の蝶形で、大きさは2cmほど。
  中央部の竜骨弁といわれるものが半転していて
  翼弁といわれるものはこれを包んでいません。
  (近似種のヤブツルアズキは包んでいます)
  果実(=豆果)は扁平で短毛があり、長さ4~5.5cm、幅8mm。

名前の由来 : 葉がアズキ(小豆)に似て野に生えるから。
  別名のヒメクズ(姫葛)は、小葉の形がクズに似て小形なことから。

メモ=近縁種のヤブツルアズキ(薮蔓小豆)とよく似ていて
  花だけでは判別が付けにくい野草です。
  見分けるポイントの一つは小葉といわれる葉の形で
  ノアズキは菱形をしていて長さ、幅ともに1~3cm。
  葉の先は鈍くとがります。
  二つ目は、果実(=豆果)の形です。
  ノアズキは平たく(扁平)、やや上向きについています。


 データなどは2012年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/09/28 Wed. 10:34 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アメリカミズアブ(亜米利加水虻)  |  ヤハズソウ(矢筈草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10