セイロンライティア(錫蘭らいてぃあ) 


ライティア1z



ライティア2z



ライティア3z



ライティア4z


セイロンライティア(錫蘭らいてぃあ)

分類 : キョウチクトウ科ライティア属  非耐寒性常緑低木
学名 : Wrightia antidysenterica
原産地 : スリランカ
特徴 : 現産地では2mほどになる花木だそうですが
  鉢物として店頭に並ぶときの樹高は30cmほど。
  よく枝分かれし、枝先に径3cmほどの花を多数咲かせます。
  花の中心部に細かく裂けたものがあるのは副花冠といわれるもの。
  咲き終わるとわき芽が伸び、再び花を咲かせ
  20度以上あれば周年開花するそうです。
  冬越しは10度以上が必要ということです。

前の由来 : 原産地がセイロン(現在はスリランカ)
  ライティアとは、イギリスの植物学者ウイリアム・ライトさんへの献名だそうです。

メモ=セイロンはイギリス領から1948年独立し
  1972年にスリランカと改称したので
  原産地はスリランカとなっています。



スポンサーサイト

Posted on 2016/09/23 Fri. 10:33 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« タマスダレ(玉簾)  |  ナガコガネグモ(長黄金蜘蛛) »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
お体の具合は大丈夫ですか?
体調に気を付けられ、無理をなさらぬように…ですね。

この花はよそ様の玄関前に置かれていたのを写させてもらいました。
数年前、我が家でも一鉢買ったことがありましたが
冬越しできず、1年草扱いになってしまいました。

お心遣いのコメント、有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2016/09/24 21:42 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/09/23 23:53 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △