ツチイナゴ(土蝗) 


ツチイナゴy1z



ツチイナゴy2z



ツチイナゴy3z



ツチイナゴy4z


ツチイナゴ(土蝗 又は 土稲子)幼虫

分類 : バッタ(直翅)目イナゴ科
体長 : ♂40mm内外  ♀47mm内外
分布 : 本州~沖縄  
  乾いた平地のよく茂った草原などで見られる。
特徴 : 幼虫のほとんどは鮮やかな緑色で、小さな黒い斑点が入る。
  成虫は淡褐色、又は暗褐色に変わり、全体に細かい毛が生える。
  幼虫の時から複眼の下に涙を流しているような黒っぽい線が入り
  同定(=名前の特定)をする手がかりになります。
  成虫で越冬するバッタとしても知られています。

名前の由来 : 成虫が土のような色をしたイナゴということから。

メモ=いろいろな植物の葉を食べるようですが
  特にクズ(葛)の葉を好むそうです。
  7月頃から幼虫が見られ、10月頃に成虫となり
  そのまま草の茂みなどで冬越し
  翌年の春から活動を始めるということです。



 データなどは2010年12月投稿記事(成虫)に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/09/19 Mon. 10:04 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« マンデビラ  |  コヒルガオ(小昼顔) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08