エダナナフシ(枝竹節虫) 


エダナナフシ1z



エダナナフシ2z



エダナナフシ3z



エダナナフシ4z


エダナナフシ(枝竹節虫 又は 枝七節)

分類 : ナナフシ目ナナフシ科
体長 : ♂ 65~82mm  ♀ 82~112mm
分布 : 本州~四国・九州  
  日当たりのいい雑木林などの林縁や都市近郊でも見られる。
特徴 : 体色は緑、茶褐色、灰褐色などの型があり
  翅はなく、飛べません。
  生息環境に自らを似せ、捕食者の目から逃れているといわれています。
  樹木の葉の上や下草の上にいて、いろいろな植物の葉を食べる。
  ナナフシに似るが、触角が前脚とほぼ同じ長さ。

  (ナナフシは前脚の1節ほどの長さ)
  寒い地域ではオスが少なく、メスだけで単為生殖するそうです。
名前の由来 : ナナフシとは、沢山の節のある枝を「七節」とし
  それに擬態していることからだそうです。
  「エダ」の由来は分かりませんでした。
 ・漢字表記の「竹節虫」は、中国語からということです。



 データなどは2011年7月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/09/16 Fri. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)  |  ピンクノウゼンカズラ(ぴんく凌霄花) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11