ヒメキンミズヒキ(姫金水引) 


ヒメキンミズ1z



ヒメキンミズ2z



ヒメキンミズ3z



ヒメキンミズ5z


ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

分類 : バラ科キンミズヒキ属  多年草
学名 : Agrimonia nipponica
分布 : 北海道~四国・九州
  山間の林の縁や、やや湿り気のある林下などに生える。
特徴 : 草丈20~50cm。
  葉は茎の下方に付き、3~5枚の奇数羽状複葉。
  小葉は楕円~先の広い卵形で長さ3~6cm
  縁には丸みを帯びたぎざぎざ(鋸歯)。
  茎の先の葉の腋から20~30cmの花穂が伸び
  径5~7mmの花をまばらに咲かせます。
  キンミズヒキのオシベが8~15本あるのに対して
  この花のオシベは5~8本と少なく
  花弁は細長いです。

名前の由来 : キンミズヒキより草丈、葉、花の大きさが小さいことから。

メモキンミズヒキ(金水引)の草丈は40~80cmあり
  花の大きさは6~11mmほどです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/09/08 Thu. 10:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« モロヘイヤ  |  ナツズイセン(夏水仙) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07