ブチヒメヘリカメムシ(斑姫縁亀虫) 


ブチヒメヘリ1z



ブチヒメヘリ2z



ブチヒメヘリ4z


ブチヒメヘリカメムシ(斑姫縁亀虫 又は 斑姫縁椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ヒメヘリカメムシ科
体長 : 6~8mm
分布 : 北海道~四国・九州
特徴 : 体色は暗褐色~黄褐色で変異が多く
  上翅が透明な小さなカメムシ。
  主にイネ科、タデ科、キク科の植物につき
  時に稲を害する虫になるそうです。

名前の由来 : 腹部後方にクリーム色の斑模様があり
  小さなカメムシということからだろうと私なりに解釈しましたが
  詳しいことは分かりませんでした。

メモ=ネット図鑑をあちこち調べていたら
  ブチヒゲヘリカメムシというのがいて、別名という記述がありました。
  また、よく似た名前のブチヒゲカメムシというのもいましたが
  こちらの体長は12mm前後と少し大きく、背面中央に白い斑紋がありました。
  野草にも昆虫にも同じような名前があり
  名前を判別(同定)するのは難しいです。
  間違っていたら、ご指摘ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2016/08/22 Mon. 10:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« クサハナビ(草花火)  |  メダラ(雌楤木) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △