トウモロコシ(玉蜀黍) 


トウキビm1z



トウキビm2z



トウキビm3z

↑  3枚はオス花

↓  2枚はメス花


トウキビy1z



トウキビy2z


トウモロコシ(玉蜀黍)
トウキビ(唐黍) 
など

分類 : イネ科トウモロコシ属  1年草
学名 : Zea mays
原産地 : 中央アメリカ 南米アンデス山麓
特徴 : 草丈150~400cm。
  葉は広い線形で、長さ約100cm、幅5~7cmほど。
  オス花とメス花が同じ茎に別々に付く雌雄同株。
  オス花は茎先の中央の長い軸から十数本の穂を出し
  多数の小穂(しょうすい)が付きます。
  各小穂には3本のオシベがぶら下がります。
  メス花の穂は、茎中央部の葉の腋に付き
  馬の尻尾のようなメシベを束にして出します。
  風によって運ばれた花粉を、細長いメシベが受粉すると、結実します。

名前の由来 : トウモロコシは16世紀にポルトガル人によって伝えられ
  それ以前に「もろこしきび」といわれるものがあったので
  これに「唐」を付けて「とうもろこしきび」とし
  その後「とうもろこし」と呼ぶようになったそうです。

メモ=トウモロコシは「小麦」「米」と共に世界の三大穀物といわれ
  食用に供されるほか、ポップコーン、コーン油、バーボンウイスキー
  家畜の飼料などに使われます。
  多くの品種があり、日本では主に硬粒種とか歯粒種
  甘粒種といわれるものなどが栽培されているそうです。
 ・収穫後24時間経過すると栄養価が半減するといわれています。
  なるべく新鮮なうちに食べるのがいいようです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/08/10 Wed. 10:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヤブミョウガ(薮茗荷)  |  ヒゴタイ(平江帯) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11