オスグロトモエ(雄黒巴蛾) 


オスクロトモエ13z



オスクロトモエ2z



オスクロトモエ3z


オスグロトモエ
(雄黒巴蛾)

分類 : チョウ(鱗翅)目ヤガ科
分布 : 本州~四国・九州
  暖地の平地又は里山の林縁周辺で見られる。
前翅長 : 34~38mm   開張 : 60~72mm
特徴 : 春型は赤みを帯びた褐色で、表前翅に見られる「巴」状の紋は不明瞭。
  夏型のオスは黒褐色で、メスは淡褐色に黒褐色の縞模様ということですが
  個体の変異性が大きいそうです。
  また、翅裏は春型では鮮やかな赤褐色で、夏型では単なる赤褐色。
  日中は茂みで休んでいて、夜に樹液や腐った果実に集まる。
  幼虫の食草はネムノキやアカシア。

名前の由来 : オスの翅色が黒く、前翅に「巴」状の模様があることから。

メモ=近似種のハグルマトモエ(歯車巴蛾)に酷似しているそうで
  見分けるには「巴」状の模様が大きければハグルマトモエだそうです。
  始めて出合ったことで、両者の区別がつかず
  いくつかの図鑑を参考にして、私なりに判断しました。
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2016/08/03 Wed. 10:39 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« オクラ(okra)  |  色々グラジオラス »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
チョウと違ってガといわれるものは数千種いるそうで
こうした翅模様のガとの出合いがあるので
虫撮り散歩はやめられません。
ウキウキしながらシャッターを押しました

お気遣いのコメントを頂き、有り難うございます。
この暑さは9月までは続きそうで、先が思いやられます。

トッコス爺 #- | URL | 2016/08/04 21:56 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/08/03 23:12 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △