オオスカシバ(大透翅) 


スカシバ1z



スカシバ2z



スカシバ3z



スカシバ4z



スカシバ5z
花はセイヨウニンジンボクです。

オオスカシバ(大透翅)

分類 : チョウ(鱗翅)目スズメガ科
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
前翅長 : 約30mm   開張 : 約50~70mm
特徴 : 胴体は太く、体は黄緑色の鱗毛で覆われ、腹部に赤色と黒色の帯。
  腹部の先端には長い鱗毛があり、飛ぶときは広がります。
  新鮮な成虫は体や翅の基部が美しい黄緑色をしているけど
  日が経つにつれ褐色に変化していくそうです。
  また、羽化直後の翅は灰色の鱗粉で覆われていて
  翅が硬化し、振るわせるとすぐに鱗粉は落ち、透明になるそうです。
  昼間活発に飛び回り、空中停止飛行(=ホバリング)しながら花の蜜を吸います。
  幼虫の食草はクチナシ(梔子)。

名前の由来 : 翅が透明なことから。

メモ=名前はスカシバとなっていてもスズメガ科のガですが
  別にスカシバガ科というのがあり、その仲間より大きいガです



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/23 Sat. 10:11 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« オリヅルラン(折鶴蘭)  |  キリギリス(螽斯)♂ »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
毎年この花は咲くのですが
オオスカシバが訪れていたのを見たのは今年が初めてでした。
お隣の壁をバックにしてホバリングしてくれていました。

元々が基本的な写真術を会得しているわけでありませんで
いつも行き当たりばったりで撮っています。
ただバックに気になる障害物があったときは位置を変えるとか
取り除くとかします。
あとは、適当にトリミングしたりとか…でしょうか。

トッコス爺 #- | URL | 2016/07/26 20:59 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/07/25 23:25 * edit *

お返事

なっつばーさんへ
ハチドリをネットで調べたら体長は6センチほどだそうです。
オオスカシバの体長もほぼこれくらいだそうですから
ホバリングしながら花の蜜を吸う姿は似ているかもしれませんね。

一番下の画像はなんとか焦点が合っているようですが
年寄りの眼で追うのは至難の業で、どれも偶然の結果なんです。

トッコス爺 #- | URL | 2016/07/24 21:18 * edit *

No title

日本では見る事の出来ないハチドリを思わせるような姿ですよね。
羽根の動きが早いので、こんなにバッチリ撮れません。
綺麗ですね~~。

なっつばー #- | URL | 2016/07/23 22:37 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08