キリギリス(螽斯)♂ 


キリギリスm2z



キリギリスm3z



キリギリスm44z



キリギリスm4z


キリギリス(螽斯 又は 螽蟖)

分類 : バッタ(直翅)目キリギリス科
体長 : ♂ 29~37mm  ♀ 30~40mm
分布 : 本州~四国・九州
  日当たりのいい草はら、畑、河原などで見られる。
特徴 : 腹部が太く幅広で、細い翅と長い後脚。
  触覚は細い鞭状でとても長い。
  前翅は緑色の上に黒褐色の斑があります。
  オスは昼間に草むらでチョン、ギースとかギーッ、チョンと鳴いていますが
  保護色をしているので、とても見つけにくいです。

名前の由来 : キリキリと鳴く声に、虫や鳥の名を意味する接尾語「ス」が合わさって。

メモ=手元の古い図鑑では「キリギリス」のままで載っていますが
  ネット図鑑によると、近畿地方以西に分布するのは「ニシキリギリス」で
  それより東にいるものは「ヒガシキリギリス」というそうです。


 データなどは2013年8月投稿記事(キリギリス♀)からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/22 Fri. 09:46 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オオスカシバ(大透翅)  |  グロリオサ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △