ホシハラビロヘリカメムシ(星腹広縁亀虫) 


ホシハラヘリカメ1z



ホシハラヘリカメ2z



ホシハラヘリカメ3z



ホシハラヘリカメ4z



ホシハラヘリカメ5z


ホシハラビロヘリカメムシ(星腹広縁亀虫 
又は 星腹広縁椿象)

分類 : カメムシ(半翅)目ヘリカメムシ科
体長 : 13~15mm
分布 : 日本全土
  海岸 平地 住宅地まで広く生息し、個体数は多い。
特徴 : 体は黄褐色~赤褐色で
  背面中央部に明瞭な一対の黒点があります。
  触角の第1節は頭部より長く
  よく似たハラビロヘリカメムシは頭部とほぼ同じで
  また、頭部を横から見ると複眼の後方に黒い筋があるので見分けるそうです。
  幼虫も成虫もマメ科の植物の汁を吸い、特にクズやフジを好むそうです。

名前の由来 : 背に一対の星のような黒点があるカメムシということから。

メモ=カメムシを触ると嫌な臭いがするので
  見つけたらなるだけ刺激を与えないようにしています。
  このカメムシの臭いは、人様のホームページによると
  青リンゴのようなとか、酸っぱい感じのする臭いということでした。



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/07 Thu. 10:17 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ノコギリカメムシ(鋸亀虫)  |  サツマチドリ(薩摩千鳥) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △