サツマチドリ(薩摩千鳥) 


サツマチドリ1z



サツマチドリ2z


サツマチドリ(薩摩千鳥)
園芸品種

分類 : ラン科ウチョウラン属  多年草
学名 : Ponerorchis graminifolia var.micrpunetata
分布 : 原種は鹿児島県の甑島(こしきじま)に産する固有種で
  岩場や礫地の草むらに生える。
特徴 : ウチョウラン(羽蝶蘭)の変種といわれ
  球状の根から7~20cmの茎を伸ばし
  途中に2~3枚、長さ7~12cmのやや厚い線状の葉。
  茎の先に数個の花が一方を向いて咲く。
  花の大きさは1cmほど。

名前の由来 : 分かりませんでした。

メモ=産地では絶滅危惧種ⅠA種(CR)に指定されていますが
  園芸用に育てられた品種が愛好家の間に広がっているそうです。
  画像はご近所のお宅で写させてもらいました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/06 Wed. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ホシハラビロヘリカメムシ(星腹広縁亀虫)  |  モントブレチア(=ヒメヒオウギズイセン) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08