ショウジョウソウモドキ(猩々草擬) 


ショウジョウモドキ1z



ショウジョウモドキ3z



ショウジョウモドキ4z


ショウジョウソウモドキ(猩々草擬)

運類 : トウダイグサ科トウダイグサ属  1年草
学名 : Euphorbia heterophylla
原産地 : 亜熱帯~熱帯アメリカ
  荒れ地、道端、林縁などで見られる帰化植物
特徴 : 草丈50~100cmほど。
  茎は直立し、まばらに枝を分ける。
  葉は卵形~長楕円形の長さ5~6cm。
  茎の上部に葉が集まり、中心部は白緑色になり
  その上にトウダイグサ仲間独特の
  オス花、メス花、腺体を持った杯状花序をつけます。

名前の由来 : 開花期に葉が赤く色づくショウジョウソウに似ていることから。

メモ=沖縄以外の土地では1年草扱いになっていますが
  沖縄や原産地では周年開花し、半低木状になるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/04 Mon. 10:53 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« モントブレチア(=ヒメヒオウギズイセン)  |  ムラサキシジミ(紫小灰蝶) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △