ツマジロエダシャク(褄白枝尺蠖) 


ツマジロエダ1 z



ツマジロエダ2 z



ツマジロエダ3 z


ツマジロエダシャク(褄白枝尺蠖)

分類 : チョウ(鱗翅)目シャクガ科
分布 : 本州⦅関東地方以西)~沖縄
前翅長 : 約17~20mm   開張 : 33~40mm
特徴 : 翅色は淡褐色に濃褐色の筋模様があり
  前翅の先端に白い斑紋があります。
  これが名前の由来になっています。
  翅色の濃淡には個体差があるそうです。
  前翅と後翅を離して止まっていることが多いということです。
  幼虫は尺取虫で、食草はクスノキ、オガタマなど。

メモ=漢字表記の「尺蠖(しゃっかく)」はシャクトリムシの別名で
  「蠖(かく)」には「まるめる」とか
  「からだをまるめてつかむ」の意があるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/30 Thu. 10:11 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« キササゲ(木大角豆)  |  アカガネサルハムシ(銅猿葉虫) »

コメント

お返事

yatyou1116さんへ
ガはチョウの280種ほどにに比べると3000種ほどいるそうです。
同じチョウ目でもガは地味な翅色ですから人気がないようですね。
野鳥も昆虫も一歩踏み入るとそれなりの世界が広がります。

トッコス爺 #- | URL | 2016/07/01 21:51 * edit *

トッコス爺さん,今晩は。

ツマジロエダシャク,初めて見ました、し、日本に入るので又ビックリです。
虫の世界は奥が深そうですね。
興味が出て来ました。

yatyou1116 #- | URL | 2016/06/30 19:02 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11