アカガネサルハムシ(銅猿葉虫) 


アカガネサル3z



アカガネサル4z



アカガネサル6z



アカガネサル5z


アカガネサルハムシ(銅猿葉虫)

分類 : 甲虫(鞘翅)目ハムシ科
体長 : 7mm前後
分布 : 日本全土
特徴 : 体表は緑色、銅赤色、金銅色、青色に光り
  美しいハムシの一種といわれています。
  成虫はブドウやノブドウ、エビヅル、トサミズキなどに集まり、葉を食べるので
  ブドウ栽培家にとっては害虫扱いされるようです。
  また、幼虫は地中に浅く潜り、根の外皮を加害するそうです。

名前の由来 : 「アカガネ(銅)」は光沢のある翅色で
  丸っこい体を縁起物の「括り猿(くくりざる)」に例えた猿ハムシということから。
 ・同じような名前のドウガネサルハムシがいますが
  漢字表記は「銅鉦猿葉虫」です。

メモ=「括り猿」とは、ということで調べてみました。
  四角の布袋に綿を詰め、四隅を足に見立て
  別に頭を付けて猿の形にしたものということでした。
  これを端午の節句の幟(のぼり)の下端につけたり
  子供の着物の背中にお守りとしてつけ
  災いや病などの厄が去る(=猿)縁起物として扱われるそうです。
  またその昔、遊郭などで客の足止めをする呪(まじな)いに使われたそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/29 Wed. 10:55 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ツマジロエダシャク(褄白枝尺蠖)  |  キュウリ(胡瓜) »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
換置弁とは大動脈の出口にあたる弁を人工弁に入れ替えたものです。
医学は年々進歩をしていますので、有効期限が切れる頃には
新しい処置がされるかもしれません。

私が訪れている方の中には
重い病気と闘っておられる方が数名いらっしゃいます。
どうか、前々を向いて草花たちと仲良く付き合ってください。

こんなブログに望外なコメントを頂き、恐れ入ります。
私もですよ。
有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2016/06/30 21:50 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/06/29 23:12 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △