キュウリ(胡瓜) 



キュウリm1z



キュウリm2z

↑  2枚はオス花

↓  2枚はメス花

キュウリw1z



キュウリw2z


キュウリ(胡瓜)

分類 : ウリ科キュウリ属  つる性1年草
学名 : Cucumis sativus
原産地 : インド北部 ヒマラヤ山麓
特徴 : つる性植物で、つるを竹などに絡ませる「節成(ふしなり)」種と
  地面に這わせる「這いキュウリ」種があるそうですが
  現在は、前者の方が主流になっているようです。
  茎や葉の柄、花柄に硬い毛が生え、草丈1~2m。
  葉は掌状に浅く裂けます。
  オス花とメス花があり、いずれも花径3cmほどで
  メス花の下部には子房が付いています。
  オス花は1か所の節に5~6個、メス花は1個付きます。
  メス花は「単為結果性」といい、受粉しなくても結実するそうです。

名前の由来 : 日本には6世紀頃中国から伝わり
  黄色に熟れた実を食べていたので「黄瓜(きうり)」と呼ばれていて
  今のようにキュウリと呼ばれるようになったのは明治時代以降だそうです。
  漢字表記の「胡瓜」は中国名が充てられています。

メモ=1960年代頃までは果実の表面が白っぽい「色白きゅうり」が主流でしたが
  白粉をふいたような姿が農薬に見えることから
  現在は品種改良された表面が白っぽくないキュウリが栽培されています。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/28 Tue. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« アカガネサルハムシ(銅猿葉虫)  |  イ(藺) »

コメント

お返事

さくらさんへ
お久しぶりです。
一時更新が滞っておられましたので心配しておりました。
ご無沙汰ばかりで心苦しく思っております。
当方、換置弁の賞味期限が残り半分ほどになりました。
それまでは何とか続けられるといいかなと思っています。

トッコス爺 #- | URL | 2016/06/29 20:27 * edit *

おはようございます

色々なアングルで撮られて素敵ですね
楽しみにいつも拝見していますよ(^^)
お元気そうでなによりです、
これからも続けてくださいね。

私は少し体調を崩していながらも
ぼちぼちカメラは楽しんでいます。

さくら #81/lD5GQ | URL | 2016/06/28 10:21 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07