コレオプシス 


コレオプシス1z



コレオプシス2z



コレオプシス3z



コレオプシス5z


コレオプシス(学名読み)
ハルシャギク(波斯菊)

分類 : キク科ハルシャギク(コレオプシス)属  1年草
学名 : Coreopsis cv.
原産地 : 北アメリカ
特徴 : 観賞用として導入されたハルシャギクの園芸品種。
  草丈30~100cm。
  葉はコスモスに似て、細く裂ける羽状複葉です。
  針金状の細い茎の先に径35~40mmの花を咲かせます。
  ハルシャギクの別名でジャノメギクと呼ばれるものは性質が強く
  空き地などで野生化しています。

名前の由来 : ギリシア語で南京虫に似たという意で
  果実が南京虫に似ていることから。

メモ=コレオプシスの仲間には
  キンケイギク(金鶏菊)やイトバハルシャギク、グランディフローラなどがあり
  その中でもオオキンケイギクは繁殖力が強く
  河川の土手や空き地などで野生化していて
  特定外来生物に指定されています。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/21 Tue. 10:04 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アルストロメリア  |  2016年・アジサイ(紫陽花)いろいろ④ 終 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10