アーティチョーク 


アーティチョーク1z
食用にする蕾です。(萼が重なっています)
紫色の品種と緑色品種もあります。


アーティーチョーク2z



アーティーチョーク3z



アーティーチョーク4z


アーティチョーク
チョウセンアザミ(朝鮮薊)

分類 : キク科チョウセンアザミ(キナラ)属   多年草
学名 : Cynara scolymus
原産地 : 地中海沿岸 カナリー諸島
特徴 : ヨーロッパの野生種アザミ(カルドン)を改良発達させた品種だそうです。
  草丈1~2m。
  葉は羽状に深く裂け、裏には白色の綿毛が密生し、長さ50~80cm。
  葉の間から茎を伸ばし、その先に15cmほどの花を咲かせます。
  花が咲く直前の肉厚な蕾(総苞片と花床)を食用にするそうです。
  欧米ではポピュラーな食材だそうですが
  日本ではあまり普及していないようです。

名前の由来 : アーティチョークは英名で、アラビア語の「大きなアザミ」が語源。
  和名の「朝鮮」は外国を表す程度の意だそうで、アザミに似た花から。

メモ=アーティチョークとカルドンはよく似ています。
  アーティチョークの総苞(花を包む基部)は滑らかですが
  カルドンの総苞の先は鋭く尖っています。
  アーティチョークにもカルドンにもいくつかの品種があるそうで
  アーティチョークの蕾は紫色と緑色がありました。

 ・カルドンの花は
   ↑ 太字をクリックすると別窓で開きます。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/13 Mon. 10:30 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« チシャノキ(萵苣の木)  |  フタイロカミキリモドキ(二色髪切擬) »

コメント

お返事

六兵衛さんへ
ご訪問、コメントを頂き有り難うございます。

プロフィールに記していますように
暇つぶしとボケ予防のつもりで始めたブログでしたが
最近では出歩くのが億劫になるとともに物忘れの進行も早くなりました。
このようなブログでも、何かのお役に立っているのなら嬉しいです。

トッコス爺 #- | URL | 2016/06/14 10:34 * edit *

はじめまして

トッコス爺さん、はじめまして。
埼玉県在住の六兵衛と申します。

貴ブログを拝見すると知らない花や昆虫がたくさんあり、毎日楽しみにしています。
また、下部に書いてある分類等の解説もとても参考になります。

私もボケ防止に身近な花など撮って、最近ブログを開設しました。
ご指導のほどよろしくお願いします。

六兵衛 #WE8qG6tI | URL | 2016/06/13 11:06 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △