2016年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など⑥ ハマウド 


ハマウド1z



ハマウド2z



ハマウド4z



ハマウド3z



ハマウド5z


2016年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など ⑥
ハマウド(浜独活)
オニウド(鬼独活)

分類 : セリ科シシウド属  多年草
学名 : Angelica japonica
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄  
  海岸の砂地に生える大形の野草
特徴 : 茎は太く直立し、縦筋が目立ち、草丈1~2m。
  1本だけでも他を圧倒するほどの存在感があります。
  葉は羽状複葉で厚く、光沢があります。
  枝先から散形花序
(=放射状に花柄が伸びて花が付く)を複数出し
  径3mmほどの小さな白色の花が密に付きます。

名前の由来 : 海浜に生えるウド(独活)ということで。
  ウドの名前が付いていますが、食べられません。
  また、ウドはウコギ科の植物で別の仲間です。

メモ=図鑑によればアシタバ(明日葉)に似て、間違いやすいとありましたが
  アシタバは九州では見られないので、間違うことはないと思います。


データなどは2012年6月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2016/06/10 Fri. 10:25 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

« キアゲハ(黄揚羽)…幼虫  |  デンドロビウム・ロディゲシー »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
セロリもセリ科の植物ですから
同じように小さな花がいっぱい咲きますね。
セロリは花が咲く前に収穫されるので
まだ花を写す機会に恵まれないです。

東雲さんへ
いつも素通りの失礼を重ねているにもかかわらず
ご訪問くださり有り難うございます。
本日は身に余るコメントを頂き恐縮です。
変わり映えしない画像を投稿していますけど
こちらこそよろしくよろしくお願いします。

トッコス爺 #- | URL | 2016/06/11 21:31 * edit *

No title

ハマウド、初めて見た時には巨大なセロリに見えました。(笑)
ウドと名前がついてても、本当のウドとは種類が違うんですね。

なっつばー #- | URL | 2016/06/10 22:08 * edit *

No title

こんばんは。
いつもご訪問頂きましてありがとうございます。
真摯に被写体と向き合っている気持ちが画像に現れ素晴らしいの一言です。
これらの画像はすべて大きいとは知りませんでした。勿体無いですね。
多くの人は余計なクリックはしませんから原寸でも良いと思います。
今後とも宜しくお願いします。

東雲 #RaJW5m0Q | URL | 2016/06/10 18:34 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08