ミツバ(三つ葉) 


ミツバ1z



ミツバ2z



ミツバ3z



ミツバ5z

 
ミツバ(三つ葉)

分類 : セリ科ミツバ属  多年草
学名 : Cryptotaenia japonica
分布 : 日本全土
  湿り気のある低地の林内、林縁に生える。
特徴 : 茎は直立し、上部で枝分かれします。草丈40~50cm。
  葉は3つの小葉からなり、小葉は卵形で、長さは3~10cm。
  枝分かれした小枝の先に複数の小さな花を付けます。
  花の大きさは2mmほど。

  (ゴマ粒よりも小さく、老人の肉眼では花の形は見えません)
  全草に爽やかな芳香があり、若葉は食用になります。
名前の由来 : 3つの小葉であることから。

メモ=江戸時代から栽培が始まり
  現在野菜として市販されている品種には
  「糸三つ葉」「根三つ葉」「切り三つ葉」があるそうで
  野菜としては年中出回っています。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/08 Wed. 10:14 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« デンドロビウム・ロディゲシー  |  サンヨウアオイ(山陽葵) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08