ヒメセアカケバエ(姫背赤毛蝿) 


セアカケバエ1z



セアカケバエ2z



セアカケバエ3z



セアカケバエ4z
見えにくいですが、複眼が左右離れています。

ヒメセアカケバエ(姫背赤毛蝿)

分類 : ハエ(双翅)目ケバエ科
分布 : 日本全土
  人家周辺や畜舎周辺で発生。
体長 : 10mm内外
特徴 : 体全体が黒く、胸部背面が盛り上がり
  その後ろ半分のみが橙褐色。
  オスの複眼は大きく、左右が接し
  メスの複眼は小さく、両眼は離れる。
  幼虫は腐食した植物などを食べ
  成虫は花の蜜や腐った果実などを食べる。

名前の由来 : ケバエ科の仲間は全体に毛が生えていて
  胸部の背が赤いことから。
  「姫」の由来は分かりませんでした。

メモ=このハエによく似たメスアカケバエ(雌赤毛蝿)がいます。
  このハエはメスだけ、胸部背面全体が橙褐色をしていて
  オスは体全体が光沢のある黒色をしているそうです。
  ヒメ…とメスアカ…の違いは
  胸部背面赤色部分が後ろ半分か全面かで見分けるそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/06 Mon. 10:54 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« サンヨウアオイ(山陽葵)  |  チャバネセセリ(茶翅挵) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10