チャバネセセリ(茶翅挵) 


チャバネセセリ1z



チャバネセセリ2z



チャバネセセリ3z
花はスイセンノウ(酔仙翁)です。


チャバネセセリ(茶翅挵)

分類 : チョウ(鱗翅)目セセリチョウ科
分布 : 本州~沖縄
  開けた平地~中山間部の草地、田畑など。
前翅長 : 18mm内外  開張 : 30mm内外
特徴 : 日中、草原などを敏しょうに飛び回り
  いろいろな花に集まり吸蜜します。
  オオチャバネセセリに似ていますが
  後翅の白斑紋が当種では小さく、半円状に並びます。
  オオチャバネ…では白斑紋が大小5個あり、不規則に並びます。
  また、イチモンジセセリにも似ていますが
  後翅の白斑紋は一直線に並ぶことで見分けられます。
  幼虫の食草はチガヤやススキなどのイネ科のほか
  タケ科、カヤツリグサ科。

名前の由来 : 暗褐色をした翅色から。

メモ=オオチャバネセセリとイチモンジセセリについては
  データ内の太文字をクリックして頂くと別窓で開きます。



スポンサーサイト

Posted on 2016/06/05 Sun. 10:23 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒメセアカケバエ(姫背赤毛蝿)  |  ダブル・オステオスペルマム »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11