スイセンノウ(酔仙翁) 


スイセンノウ1z



スイセンノウ2z



スイセンノウ3z



スイセンノウ5z


スイセンノウ(酔仙翁)
フランネルソウ(ふらんねる草)

分類 : ナデシコ科センノウ(リクニス)属  多年草又は1年草扱い
学名 : Lychnis coronaria (=Silene coronaria)
原産地 : 南ヨーロッパ~西アジア
特徴 : 草全体が細い白毛で覆われていて、ビロードのような感触があります。
  草丈50~100cm。
  花どきになると長い茎を伸ばして枝を分け
  その先に径2~3cmの花を一つ咲かせます。
  色変わりの白、淡い紅色の他、八重咲きもあるそうです。
  花期は5~8月で、ぽつぽつと咲き続けます。
  性質は野草化するほど強く、ほったらかしでもよく育ちます。

名前の由来 : センノウ(仙翁)はナデシコ科のひとつの属名。
   赤い花を酔った顔に見立てて「酔」の「仙翁」。
  センノウとは、鎌倉時代に中国から渡来した植物の名前で
  京都嵯峨の「仙翁寺」に伝わったからとか、ここにあったからということから。
  フランネルソウは、草全体が白い毛で覆われているのを
  毛織物の一種のフランネルにたとえてついた名前。

メモ=センノウ属には
  日本に自生するフシグロセンノウ、マツモトセンノウ、オグラセンノウなどがあり
  外来種には、センノウ、アメリカセンノウ、カッコウセンノウなどがあります。



 データなどは2011年6月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/05/26 Thu. 10:57 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« 2016年初夏・荒尾干潟周辺の野鳥など③ チガヤ  |  ミムラス »

コメント

お返事

よしみ70さんへ
ちょっと早起きしたら、前夜からの雨滴がまだ花弁に残っていて
このような写真が撮れました。
おほめのコメントを頂き有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2016/05/27 21:20 * edit *

No title

こんばんは!

花びらに、宝石を散りばめたようなステキなお写真ですね(#^.^#)
素晴らしい~~♪

よしみ70 #- | URL | 2016/05/26 22:49 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07