タカブシギ(鷹斑鷸) 


タカブシギ1z



タカブシギ2z



タカブシギ3z



タカブシギ4z



タカブシギ5z
タカブシギとの同定に今一つ自信がありません。
間違っていたらご指導のほどお願いします。


タカブシギ(鷹斑鷸)

分類 : チドリ目シギ科  旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 水田 湿地 河川など
体長(全長) : 約22cm  ムクドリよりやや小さい
特徴 : 夏羽では頭部から胸部にかけ、白地に黒褐色の縦斑が密にあり
  体上面は白と黒の斑点横紋が見られる。
  また、体下面は白く、脇に黒褐色の横斑。
  クサシギに似るそうですが
  体上面の黒斑紋はタカブシギが多いということです。

名前の由来 : 羽の縁に白と黒の斑紋があり
  それをタカ(鷹)類の羽に例えたそうです。

メモ
=昨日投稿のムナグロと同じ干拓地の水田で出合った野鳥です。
  ムナグロは初心者でも図鑑を見て判別できましたが
  今日のタカブシギは大体の見当で判断しました。
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2016/05/23 Mon. 10:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コモチマンネングサ(子持万年草)  |  ムナグロ(胸黒) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08