アリウム・トリケトラム 


アリウムトリケ2z



アリウムトリケ3z

↑  2枚は花壇で咲いていたもの。

↓  2枚は道端で咲いていたものです。

アリウムトリケ4z



アリウムトリケ5z


アリウム・トリケトラム(学名読み)
ミツカドネギ(三角葱)

分類 : ネギ(ユリ)科ネギ属  多年草
学名 : Allium triquetrum
原産地 : 地中海沿岸
特徴 : 草丈20~50cm。
  茎の断面は3稜形。
  葉は平たい線形で、傷つけるとネギに似た臭いがする。
  茎の先に3~10個ほど、鐘形の花を咲かせます。
  花弁の中央に緑色の筋が入り、アクセントになっています。
  繁殖力が旺盛なようで、野草化していることもあります。

名前の由来 : 学名のアリウムとはラテン語でニンニクのこと。
  トリケトラムとは三角形のことで
  ネギの仲間特有の匂いがあり、茎の断面が三角形をしていることから。
  別名もそれ同様の意味合いから。



スポンサーサイト

Posted on 2016/05/06 Fri. 10:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ベルフラワー  |  キンリョウヘン(金稜辺) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08