フジ(藤) 


ノダフジ1z



ノダフジ2z



ノダフジ3z



ノダフジ4z



ノダフジ5z


フ ジ(藤)
ノダフジ(野田藤)

分類 : マメ科フジ属  落葉つる性植物
学名 : Wisteria floribunda
分布 : 本州~四国・九州
  陽当たりのいい山野に自生しますが
  古くから庭や公園などに観賞用の藤棚を作り、植栽されています。
特徴 : 蔓は長く伸び、他の木などに巻き付く。
  葉は奇数羽状複葉で、小葉は5~9対。
  枝先に軸を垂らし、長い花房に多数の蝶形花をつけ
  根元から先端に順番に咲き下ります。
  変異性に富むそうで、園芸品種も多くあります。

名前の由来 : 花房が風に吹かれて揺れて「吹き散る」が縮まり
  「フヂ」になったそうで、現代仮名遣いでは「フジ」です。
  別名の「ノダフジ」は
  牧野富太郎博士が大阪市福島区野田にある春日神社のフジを命名したことから。

メモ=普通「フジ」というときは、この花のことで
  同じような花にヤマフジ(山藤)があります。
  ヤマフジとの見分け方は
  蔓の巻き方は、フジは正面から見て左肩上がりに巻き上がる。
  (ヤマフジは右肩上がり)
  フジの花房(穂)は長く、30~90cm。
  (ヤマフジは10~20cm)
  フジの花の大きさは1.5~2cm。
  (ヤマフジはフジより大きく、2~3cm)
  フジの咲き方は根元から先端へ順次咲き下る。
  
(ヤマフジはほぼ同時に咲き揃う)



●これはヤマフジ(山藤)です。
ヤマフジz




スポンサーサイト

Posted on 2016/04/28 Thu. 10:30 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オオジシバリ(大地縛り)  |  マツバウンラン(松葉海蘭) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08