イチゴ(苺) 



イチゴ3z



イチゴ2z



イチゴ4z


イチゴ(苺)
オランダイチゴ(阿蘭陀苺)

分類 : バラ科オランダイチゴ属  多年草
学名 : Fragaria × ananassa
原産地 : 北アメリカ 南アメリカ
特徴 : 草丈10~25cm
  茎の中心から長い軸を出し、小葉が3枚1組の複葉で
  小葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があります。
  細い花茎の先に径2~3cmの白い花が咲きます。
  オシベ、メシベは多数で
  受粉すると花托といわれるものが肥大して果托になり
  その表面の凹(へこ)みに粒々な痩果(そうか)がつき
  その中に種子が入っています。
  食用にするのは肥大化した多肉質の花托部分です。

名前の由来 : 諸説あり、古くには「いちびこ」とあり
  「い」は接頭語で、野イチゴが赤い色をしているので
  「い血彦」など実の赤さに由来し
  後に「いちご」になったという説がありました。

メモ=栽培品種のイチゴは
  北アメリカ東部の野生種と南アメリカのチリ野生種との
  自然交雑種という説などがあり
  これらがヨーロッパに渡り
  イギリスやフランス、オランダなどで品種改良されたものそうです。
  日本には最初、江戸時代末にオランダ人が伝え
  本格的に栽培されるようになったのは、明治時代になってからだそうです。
  

スポンサーサイト

Posted on 2016/04/26 Tue. 10:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« マツバウンラン(松葉海蘭)  |  ルリチュウレンジバチ(瑠璃鐫花娘子蜂) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08