シメ(鴲) 


シメ1z



シメ2z



シメ3z



シメ4z
この個体は、全体が褐色みを帯びた淡い色調なので
メスだと思います。


シメ(鴲 又は 蝋嘴)

分類 : スズメ目アトリ科  冬鳥又は留鳥
分布 : 日本全土 
生息地 : 平地~山地の落葉広葉樹、市街地の公園など
体長(全長) : 約19cm   モズくらい
特徴 : 北海道で繁殖し、本州以南で越冬。
  ずんぐりした体形で、頭が大きく尾は短く、嘴が太い。
  体の上面は暗褐色、風切羽は光沢のある黒色で、白斑がある。
  目先と嘴の下のあごの部分が黒色。
  メスはオスに比べて全体の色が淡いということです。
  冬羽と夏羽の差異は、冬羽の嘴は肉色
  夏羽では鉛色に変化する程度だそうです。

名前の由来 : シーと聞こえる鳴き声と
  鳥を意味する接尾語の「メ」が合わさった名前だそうです。


 データなどは2014年4月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2016/04/10 Sun. 10:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« フデリンドウ(筆竜胆)  |  ご近所の桜たち…7 終 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △