ご近所の桜たち…5 


ソメイ1z



ソメイ2z



ソメイ5z



ソメイ6z


ご近所の桜たち…5
ソメイヨシノ(染井吉野)


一重  中輪  淡紅白色
エドヒガン(江戸彼岸)を母種に
オオシマザクラ(大島桜)を父種にした交雑種。
江戸末期に江戸染井村(現・豊島区)の植木屋が「吉野桜」として売り出し
後に、「染井吉野」と名が改められた。
花付きがよく、生育も早く
葉が出る前に花が咲くこともあって人気が出
全国的に広く植栽されるようになったといわれています。
いわずと知れた桜の中の桜で、最も身近なサクラの代表品種。

江戸時代末期に江戸駒込の染井村の植木商から広まったソメイヨシノは
たった1本の木から始まったとされています。
現在全国で植栽されているソメイヨシノは
その1本が親木となり、全て接木等によって栽培(栄養繁殖)されたもので
いわゆる元の桜の木と同じ遺伝子を持つクローンだそうです。


 データは2013年3月投稿記事からの転載です。


・ソメイヨシノは沖縄地方を除けば
 日本全土に植栽されていて、一番親しみのある桜です。
 ソメイヨシノを続けます。
 お付き合い下さると有難いです。




スポンサーサイト

Posted on 2016/04/07 Thu. 10:21 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ご近所の桜たち…6  |  ご近所の桜たち…4 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08