スノーフレーク 


スノウフレーク1z



スノウフレーク3z



スノウフレーク2z



スノウフレーク4z



スノウフレーク5z


スノーフレーク
スズランズイセン(鈴蘭水仙)

分類 : ヒガンバナ科レウコユム(スノーフレーク)属  多年草
学名 : Leucojum aestivum
原産地 : 地中海沿岸~中部ヨーロッパ
特徴 : 草丈30~40cm。
  葉と葉の間から2~3本の花茎を立て
  その先端に釣鐘形の長さ1.5cm、花径1cmほどの小花を2~5個つける。
  花弁は同じ長さの花被片が6枚あり、先端に緑色の斑点がある。
  性質はいたって強く、植えっ放しでも翌年は花を咲かせてくれます。

名前の由来 : スノーフレーク(Snowflake)とは英名で「小雪のかたまり」。
  学名のレウコユムは「白いスミレ」の意で、スミレの匂いがするからだそうです。
  和名のスズランズイセンは、花がスズラン、葉がスイセンに似ているから。

メモ
スノードロップとよく間違われる名前です。
  スノードロップより開花は一月ほど遅く、大型で、性質も強いです。
  スノードロップは花茎に一つの花を付けますが、こちらは複数咲かせます。


 データなどは2012年4月投稿記事に加筆修正しました。




スポンサーサイト

Posted on 2016/03/26 Sat. 10:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒアシンス  |  ホウサイラン(報歳蘭) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △