ウンナンオウバイ(雲南黄梅) 


オウバイ1z



オウバイ2z



オウバイ3z



オウバイ4z


ウンナンオウバイ(雲南黄梅)
オウバイモドキ(黄梅擬)
オウバイソケイ(黄梅素馨)

分類 : モクセイ科ソケイ(ジャスミン)属  常緑半つる性低木
学名 : Jasminum mesnyi
原産地 : 中国南西部(雲南地方)
特徴  : 根元からよく枝分かれし、樹高は2~3mになって枝垂れます。
  若い茎は緑色をして断面は四角い。
  葉は3~6cmの3つの小葉からなります。
  新葉が開く前に4~5cmの鮮やかな黄色の花が開きます。
  花弁は6~8裂し、八重咲きもあり、これらの花が同じ株に混じります。
  バラ科のウメ(梅)の仲間ではありません。

名前の由来 : 花色と花の形に由来し
  中国・雲南地方が原産地とされているようですが
  自生はしていないともいわれます。

メモ=オウバイモドキの別名があるように
  名前の基になったオウバイ(黄梅)は落葉樹です。
  また、花弁は5~6裂で平開し、ウンナンオウバイより小さめです。
  庭木や公園樹などとして植えられるはウンナンオウバイが多く
  オウバイと出合う機会は少ないです。
  ジャスミン⦅=ソケイ(素馨)⦆の仲間に分類されていますが、芳香はありません。



 データなどは2011年3月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/03/14 Mon. 11:14 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒイラギナンテン(柊南天)  |  シナミザクラ(支那実桜) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08