フキ(蕗) 


フキ1z



フキ2z



フキ3z



フキ4z
小さな花なので、メス花とオス花の区別はよくわかりません。
他に両性花もあるそうです。


フキ(蕗)又は 
フキノトウ(蕗の薹)

分類 : キク科フキ属  多年草
学名 : Petasites japonicus
分布 : 本州~沖縄   山地の道端や野原などに生える。
特徴 : 葉より先に根茎から花茎が伸び
  先端に多数の花をつけます。
  雌雄異株で、メス花は白色で、オス花は黄白色だそうです。
  この花芽が芽吹いたものが「蕗のとう」です。
  花後に地下茎から50~60cmの葉柄が伸び、葉を広げます。
  葉は腎臓形をした15~30cmの大きさ。

名前の由来 : 諸説ありました。
  野原で用を足したとき、この葉で拭いたことから「拭き葉」が転訛したものとか
  葉が大きく、少しの風でも揺れることから
  「葉吹き(ハフキ)」や「風吹き(フフキ)」が転訛したものなどがあります。

メモ=「蕗のとう」は春を告げる味覚として親しまれています。
  また、花後に伸びた葉や葉柄も食用になり
  特に、葉柄を佃煮風に煮付けた「きゃらぶき」は有名です。
  「きゃらぶき」の「きゃら(伽羅)」とは「濃茶色」のことだそうで
  煮付けた色合いが「伽羅色」なことから「伽羅蕗」なのだそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2016/03/07 Mon. 10:28 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツバキ(椿)いろいろ④  |  スズガモ(鈴鴨) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07