ジョウビタキ(尉鶲) 


ジョウビタキm1z



ジョウビタキm2z

↑  オスのジョウビタキ

↓  メスのジョウビタキ

ジョウビタキw1z



ジョウビタキw2z


ジョウビタキ(尉鶲)

分類 : スズメ目ツグミ科  冬鳥
分布 : 日本全土
生息地 :  田畑 林縁 市街地など開けた明るい場所
体長(全長) : 約14.5cm  (スズメとほぼ同じ)
特徴 : オス は灰色の頭、黒い顔、胸はオレンジ色、翼に白斑がある。
  メス は全体に灰褐色で、腰から下がオレンジ色。オスより小さめですが白斑があり
  どちらも識別は容易です。

名前の由来 : オス の頭の色を白髪に見立て「尉(じょう)」としたとあります。
  「尉」とはお能で「老爺」、又は「炭火の白い灰になったもの」の意でだそうです。
  「ヒタキ」はヒッヒッとかカッカッと鳴く声を、火打石を叩く音に例えたといいます。

メモ=ジョウビタキも昨日のメジロと同じように
  身近に見られる冬鳥です。
  毎年10月頃、繁殖地のロシアの沿岸地方や中国東北部から渡来し
  翌年の3~4月頃まで滞在しています。
  秋に渡来した当初はヒッヒッと盛んに鳴きながら縄張り宣言をします。


 データは2012年12月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2016/03/04 Fri. 10:41 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キンクロハジロ(金黒羽白)  |  メジロ(目白) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △