アウリニア・サクサティリス 


アリッサムs1z



アリッサムs2z



アリッサムs3z


アウリニア・サクサティリス(学名読み)
宿根アリッサム
イワナズナ(岩薺)
など

分類 : アブラナ科アウリニア(イワナズナ)属  多年草
    (園芸上では耐暑性弱く、1年草扱い)
学名 : Aurinia saxatilis (=Alyssum saxatile)
原産地 : 東ヨーロッパのアドリア海沿岸
特徴 : 草丈15~30cm。
  根際から生える葉は倒卵形~倒披針形で、灰白色を帯びます。
  花茎先に花径7mm前後の花を沢山咲かせ
  灰白色の葉と黄色の花のコントラストが美しいと表現されます。
  アメリカやヨーロッパではロックガーデンに多用されるそうです。

名前の由来 : アウリニアとはギリシア語で「黄金色」
  サクサティリスは「岩の上に生える」の意だそうです。
  和名のイワナズナは、岩場に自生し、ナズナに似ていることから。

メモ=旧学名のアリッサム・サクサテレで表されていることもあります。
  近似種にスイート・アリッサムがありますが
  こちらはロブラリア属で属名が異なります。



スポンサーサイト

Posted on 2016/02/28 Sun. 10:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツバキ(椿)いろいろ①  |  モズ(百舌) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07