カンヒザクラ(寒緋桜) 



カンヒサクラ4z



カンヒサクラ3z



カンヒサクラ2z



カンヒサクラ1z


カンヒザクラ(寒緋桜)
ヒカンザクラ(緋寒桜)

分類 : バラ科サクラ属  落葉小高木~高木
学名 : Prunus campanulata
原産地 : 中国南部 台湾
  石垣島や沖縄で野生化しているものもあるそうです。
特徴 : 樹高5~7m。
  葉より先に、花径2cmほどの花が垂れ下がって咲きます。
  早春を彩る桜の一種です。
  花色には濃淡があり、半開き、または平開するものと、個体差があるようです。
  沖縄で「桜」といえばこの品種を指すとのことです。

名前の由来 : ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもあったようですが
  ヒガンザクラ(彼岸桜)という品種があって間違いやすいので
  今ではカンヒザクラと呼ぶのが一般的になっているそうです。



 データなどは2014年3月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2016/02/25 Thu. 10:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« モズ(百舌)  |  ウメ(梅)その2…八重紅梅 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △