パフィオペディルム・インシグネ 


パフィオi2z



パフィオi3z



パフィオi5z



パフィオi4z


パフィオペディルム・インシグネ(学名読み)
トキワラン(常盤蘭)

分類 : ラン科パフィオペディルム(トキワラン)属  常緑多年草
学名 : Paphiopedilum insigne
原産地 : 東南アジア 約50~70種が自生
特徴 : 自生種のほとんどが腐葉土や土に地生しているそうです。
 イングシネはパフィオペディルムの代表的な存在だそうです。
 葉は長い楕円形をして、長さ15~20cm。
 葉の間から20~30cmの花茎を伸ばし、1個の花を咲かせる。
 花色は地味ですが、他のランと違い
 唇弁(リップ)が袋状になっています。
 花の大きさは10cmほど。

名前の由来 : ギリシア語の「女神」と「サンダル」の合成語。
 英名はレディース・スリッパー
 小属名のインシグネは「著しい」とか「素晴らしい」の意だそうです。




スポンサーサイト

Posted on 2016/02/20 Sat. 10:27 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« パフィオペディルム(品種名不明)  |  タゲリ(田鳬)③終 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △