2016年早春・荒尾干潟周辺の野鳥たち① 


ツグミs1z



ツグミs2z



ツグミs3z



ツグミs4z


2016年早春・荒尾干潟周辺の野鳥たち ①
ツグミ(鶫)


例年なら荒尾干潟のこの時季には
ハマシギたちの群れがあちこちで見られるのですが
今年はマガモとカルガモの群れが見られるだけです。
仕方なく、マガモでも写して帰ろうかとカメラを構えたところ
波打ち際辺りをちょこまかと動く鳥がいました。
モニターで確かめたら、ツグミでした。
干潟で見かけたのは初めだったので、このカテゴリで投稿することにしました。




以下のデータなどは、2015年3月投稿記事からの転載です。

分類 : スズメ目ヒタキ(ツグミ)科  冬鳥
分布 : 日本全土 
生息地 : 雑木林 農耕地 市街地(緑地) 河原など
体長(全長) : 約24cm   ムクドリとほぼ同大
特徴 : 地上を飛び跳ねるようにして歩いて餌を探し
  ときどき立ち止まって翼を下げ、胸をそらすポーズをとります。
  胸の黒い斑紋と翼の赤茶色は、個体によって変化があるようです。

名前の由来 : 夏になると急に口を噤(つぐ)み、静かになるからという説がありました。

メモ=日本には9月中旬頃に渡来し、翌年の5月頃までいて
  繁殖地のシベリア東部やカムチャツカ半島へ帰っていく。
  秋に渡ってきた頃は山地に群れでいて
  秋が深まると平地の開けた場所に移動し、単独で暮らしていることが多いようです。
  農耕地や芝生のある開けた場所で普通に見かける、冬鳥の代表格といわれています。




スポンサーサイト

Posted on 2016/02/14 Sun. 11:03 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2016年早春・荒尾干潟周辺の野鳥たち②  |  コゲラ(小啄木鳥) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10