ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴)① 



カンムリツル1z



カンムリツル2z



カンムリツル4z



カンムリツル5z
(大牟田市動物園にて撮影)


ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴) 

分類 : ツル目ツル科
全長 : 100~110cm  翼開張 : 約200cm
体重 : 約3.5kg
分布 : アフリカ大陸中央部~西部のサバンナ地帯
生息地 : 池、沼 湿地 草原など
特徴 : 体は濃い灰色で覆われ、翼は白い。
  但し、翼の初列風切り羽は黒色で、次裂風切り羽は茶色。
  オス、メスとも頭上に金色のような冠毛が放射状に生えています。
  額(ひたい)の部分にはビロード状の羽毛が密生。
  頬は皮膚が裸出し白色をしていますが、繁殖期になると赤く染まるそうです。
  目の後ろと喉(のど)の肉垂れは赤い。
  木の枝に止まるのは、この鳥と類似種のカンムリヅルだけだそうです。
  寿命は50~60年ということです。

名前の由来 : 頬が白いカンムリヅルということから。
  カンムリヅルとは、頭上にある放射状に生える冠毛があることから。

メモ=類似種のカンムリヅルはホオジロカンムリヅルよりやや小さく
  全体に黒色が濃く、裸出した頬の下半分が赤いので見分けられるそうです。
  明日もう1回続けます。



スポンサーサイト

Posted on 2016/01/08 Fri. 10:40 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴)②  |  トラ(虎)ベンガルトラ系 »

コメント

お返事

onorinbeck さんへ
この鳥の頭上にある放射状に生えている冠羽は
ほかの鳥では見られない特徴で
いい被写体になりますね。

トッコス爺 #- | URL | 2016/01/09 11:36 * edit *

No title

カンムリツルって、本当に
綺麗ですよねー!
地元の千葉市動物公園にも居てね、
とっても大好きな被写体ですねん♪

onorinbeck #- | URL | 2016/01/08 17:22 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △