ケヅメリクガメ(蹴爪陸亀) 



ケヅメカメ1-1z



ケヅメカメ3z



ケヅメカメ2z



ケヅメカメ4z
(大牟田市動物園にて撮影)


ケヅメリクガメ(蹴爪陸亀)

分類 : カメ目リクガメ科
甲長 : 平均約50cm(最大90cmほど)
体重 : 平均40kg前後(最大70kgほど)
分布 : アフリカ中部の砂漠周辺
生息地 : 乾燥したサバンナ気候やステップ気候辺で生活。
特徴 : ガラパゴスゾウガメ、アルダブラゾウガメに次ぐ世界3番目に大きいリクガメ。
  食性は草食で、多肉植物を好み、水分はそこから摂るそうです。
  後ろ足と尾の間に発達した蹴爪(けづめ)状の突起があり
  それが名前の由来になっているとのことです


メモ=当動物園には3頭のケヅメリクガメが飼育されていますが
  いずれもオスだそうです。
 ・蹴爪(けづめ)とは
  キジ(雉)やニワトリ(鶏)の成熟したオスの
  足の後ろ側にある突起物。



スポンサーサイト

Posted on 2016/01/05 Tue. 10:39 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アフリカクロトキ(阿弗利加黒鴇)  |  オオヅル(大鶴)② »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07