オオヅル(大鶴)① 



オオツル1z



オオツル3z



オオツル2z



オオツル4z
(大牟田市動物園にて撮影)


オオヅル(大鶴)

分類 : ツル目ツル科
全長(体長) : 140~160cm  翼開張 : 220~260cm
分布 : インド北部~パキスタン ミャンマー オーストラリア北部など
生息地 : 開けた湖や湿地、農耕地など
  ナベヅルやマナヅルのような渡りはしない。
特徴 : ツル科では最大級で、飛ぶ鳥の中で最も背が高いといわれています。
  全身は淡灰色の羽毛で覆われている。
  頭部から頸(くび)上部にかけては羽毛がなく、灰色と赤い皮膚が露出していますが
  喉から後頭にかけ、首輪状に黒い羽毛がもやもや~っと生えています。
  また、耳孔を覆う羽毛は灰色。
  ワシントン条約で絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されていて
  取引は厳しく制限されているそうです。

メモ=この檻(おり)にはオオヅル1羽の他クサガメやワニガメが同居していて
  鶴、亀とお目出度い檻ですが、冬の寒い時季は冬ごもりしていて
  天気がよく、暖かい日でないと姿を現さないそうです。


 データは2012年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2016/01/03 Sun. 10:43 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« オオヅル(大鶴)②  |  明けましておめでとうございます »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08