イソギク(磯菊) 



イソギク1z



イソギク2z



イソギク3z



イソギク4z


イソギク(磯菊)
栽培種

分類 : キク科キク属 多年草
学名 : Chrysanthemum pacificum
分布 : 本州 千葉県~静岡県の海岸線及び伊豆諸島
  海岸の岩石地、崖などに生える。
特徴 : 茎は斜めに立ち上がり、上部まで葉が密生しています。
  葉の長さ4~8cm、幅1.5~2.5cmで厚い。
  葉の裏面に銀白色の毛が密生するため
  表からは縁取りがあるように見えます。
  頭花は筒状花だけで、花径は0.7cm内外です。
  白色の舌状花が付くのはハナイソギク(花磯菊)です。

名前の由来 : 磯に生えるキクなことから。
  
メモ=野生種でありますが、葉が美しいため
  園芸種同様の扱いで、庭などに植えられます。


 データは2013年12月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2015/12/12 Sat. 10:37 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ニオイザクラ(匂い桜)  |  2015~16年冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち③ »

コメント

お返事

なっつばーさんへ
イソギクも11月4日に投稿したハマギクも野生種ですが
イソギクは葉が美しく、ハマギクは花が美しいことから
庭などで栽培されていますね。
他に野生種で観賞用として栽培されるものに
シオンとかツワブキなどがありますね。

トッコス爺 #- | URL | 2015/12/13 21:33 * edit *

No title

イソギクの葉は、本当に美しいですよね。
園芸種じゃなくって野生種なんですね~。
地味だけど黄色い花が、良いアクセントになっていますね。

なっつばー #- | URL | 2015/12/12 22:13 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △