2015~16年冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち② 



イソヒヨw15-1z



イソヒヨw15-2z



イソヒヨw15-3z

↑  はメスのイソヒヨドリ。9月下旬荒尾海岸付近にて撮影。


↓  はオスのイソヒヨドリ。12月上旬長洲港にて撮影。
夏羽は、頭部~体上面が鮮やかな青色なので、これは冬羽と思います。


イソヒヨm15-1z



イソヒヨm15-2z



イソヒヨm15-3z


2015~16年冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち ②
イソヒヨドリ(磯鵯)

分類 : スズメ目ツグミ科  留鳥 又は 漂鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 岩場のある海岸 港湾 沿岸の市街地
体長(全長) : 約23cm  (ムクドリくらい)
特徴 : メスは頭上~腰は青味を帯びた褐色。
 体の下面は淡い黄褐色で鱗模様。
 オスの夏羽は、頭部~体上面が青色で、翼は黒色。
 腹~体下面は赤褐色をしてカラフル。
 主に地上で採食し、昆虫やカニ、トカゲなどを食べ
 市街地では路上のゴミも餌にするそうです。

名前の由来 : 磯周辺に多く生息し、ヒヨドリに似ていることから。
  しかし、ヒヨドリはヒヨドリ科に分類されています。

メモ=今までイソヒヨドリを2度投稿していますが
 メスだけだったりオスだけだったりでした。
 今回は撮影日と場所は違いますが、メス、オス一緒に
 「冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち」の中で投稿することにしました。


 データは2014年9月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2015/12/10 Thu. 10:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2015~16年冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち③  |  2015~16年冬・荒尾干潟周辺の野鳥たち① »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08