シマハナアブ(縞花虻) 



シマハナアブ1z

花はツワブキです。

シマハナアブ2z



シマハナアブ3z



シマハナアブ4z
複眼が中央部で接している方がオスだそうです。


シマハナアブ(縞花虻)

分類 : ハエ(双翅)目ハナアブ科
分布 : 日本全土
 平地の花の蜜や花粉を求めて飛びまわる。
体長 : 10~13mm
特徴 : 全身微毛で覆われていて、花の蜜や花粉を求めて飛びまわるので
 ミツバチなどと共に虫媒花の送粉者として重要な役割を果たしているそうです。
 胸部背面は暗褐色~黒褐色、腹部は黒色で4条の赤黄色の模様があります。
 近似種のナミハナアブ(体長15mm前後)より一回り小さく
 胸部背面の中央部と周縁部に太い灰色の横帯(縞模様)があることで判別するそうです。

名前の由来 : 花に集まるアブということから。



スポンサーサイト

Posted on 2015/11/21 Sat. 10:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キゴシハナアブ(黄腰花虻)  |  コセンダングサ(小栴檀草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10